夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

花と光の幻想世界 FLOWERS by NAKED NAGOYA におでかけ 【11月26日まで】

 

 

 

FLOWERS by NAKED NAGOYA

東京や沖縄で開催されていたクリエイティブカンパニーNAKEDによる、「五感で楽しむ花の体験型アート展」が名古屋にやってきたので行ってみました。

なんでもめっちゃインスタ映えするような、素敵空間なのだとか。

https://flowers.naked.works/2017nagoya/

公式HPから伝わるこの幻想的な感じ、めちゃくちゃ好みです。

 

アクセス・混雑具合

会場はあおなみ線ささしまライブ駅から徒歩すぐのグローバルゲート名古屋コンベンションホール。名古屋駅からも歩いて15分ぐらいで行けます。zeppNagoyaや愛知大学があるエリアの建物です。

私は会期中の土曜日14:00ぐらいに行きましたが、その際はチケット売り場には待ち列はなく、15分ぐらい並べば会場に入ることができました。ただ出てきた際は、入場列が3,4倍ぐらいの長さになっていたので、多少待つ場合もあるようです。

 

目を奪われる展示の数々

入ってすぐ待ち受けるのは、巨大な本のオブジェ

この大きな本に映像が投下され、ページが自動でめくられていきます。

ここからの展示に期待が膨らむオープニング作品です。

 

続いてはこちら。壁の前に立つと27種類の花のうち1種類が咲いて、花言葉を教えてくれます。私はガーベラ、友達はパンジーでした。

 

こちらは色合いと光がとても好きだった作品。静寂な雪景色に咲く花に青や白の光が走る様が綺麗。

 

「奇跡の桜」が広がるメインブース。ふわふわのピンクの桜が青白い周囲に映えて、雪の中に咲く桜のような特別な美しさがありました。

また、飲食ブースがこちらの奥にひっそりとあります。おいしそうなお酒が販売されていましたので、興味のある方は是非。

 

一番好きだった最後のブース。花の実験室。この秘密基地みたいな空間で夜な夜な実験している魔法使いがいそうなファンタジー感があふれる作品でした。細かなところまで凝ってあって、かなり長い時間眺めていました。

 

物販コーナーもありました。花の香りの香水やアロマ、アクセサリー、今人気のハーバリウムなどが売っていました。

 

都会で味わう非日常体験におすすめ

もともとプロジェクションマッピングやテーマパークなど作りこまれた非日常作品・空間が好きなので、今回の展示はとても興味深く楽しかったです。滞在時間は45分ほどでしたが、身動きが取れないほどの混雑ではなく、好きだなーと思った作品はじっくり眺めることができました。

日常でアートを味わったり幻想的な空間が好きな方、綺麗な写真が撮りたい方にとってもおすすめなイベントです!