夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

【ファンタジー編】20代女子が読んだおすすめ小説2017

2017年に読んだ本のうちおすすめのファンタジー小説を集めました。2017年に出版されたのではない本も含まれますがご了承ください。

 

そのほかのジャンルのおすすめ小説はこちら

【ミステリー・SF編】20代女子が選んだおすすめ小説2017 - 夕空に背のび

【現代小説編】20代女子が選んだおすすめ小説2017 - 夕空に背のび

 

 

 

高田大介『図書館の魔女 上・下』 
図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)

図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)

 

年始早々ものすごい分厚さの本を読み出しましたが、これがあたりでした。剣と魔法ではなく、言葉と政治のファンタジー。めくるめく言葉の流れ、その豊かさに圧倒されました。登場人物たちもみんな個性的で魅力的。今年の夏には全4冊にて文庫化されましたが、本屋で見たとき4冊目の分厚さに二度見しました。年末年始、がっつり読書したい方におすすめ。

 

宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上・中・下』
ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

 

ブログでも紹介したこちらの作品。宮部みゆきさんのファンタジー世界観の構築力の高さと、エグさや残酷さを同時に味わえる大好きな小説です。大人になってから読むとミツルが愛しくて泣きました。

 

上橋菜穂子天と地の守り人 上・中・下』
天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)

 

 精霊の守り人最終シリーズ。これも大人になってから読むと、登場人物たちの思いが胸に迫ってきて苦しくなりました。特に帝の思いと立場に泣かずにはいられなかったです。昔はただ嫌なやつだと思ってたのに。こんな悲しくさせられるなんて思わなかったよ。

精霊の守り人シリーズは長いですが、一冊一冊が読みやすいので、なんか読んでみたいなって方におすすめです。今NHK綾瀬はるかさん主演でドラマもやっているので、そちらも見てみてください。特に主人公バルサとその幼馴染タンダは私のイメージにぴったりです。

 

上橋菜穂子『鹿の王 上・下』
鹿の王 1 (角川文庫)

鹿の王 1 (角川文庫)

 

 こちらも上橋菜穂子さんの作品。この夏全4冊で文庫化されて、夏文庫フェアの目玉となっていました。上橋菜穂子さんの作品はまず、大人が苦悩するところがかっこいいんです。少年少女のファンタジーは数あれど、大人の男性が悩みもがくファンタジーは少ないのじゃないかなと。そして世界観がはっきりしていて、複雑だけどぶれない。上橋菜穂子ワールドは一度入ると抜けられません。ぜひ長期休暇にお試しください。