夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

【ミステリー・SF編】20代女子が選んだおすすめ小説2017

2017年に読んだ小説の中から、ミステリー・SFの作品を集めました。2017年に出版されてない本も含まれますがご了承ください。

 

そのほかのジャンルのおすすめ小説はこちら

【ファンタジー編】20代女子が読んだおすすめ小説2017 - 夕空に背のび

【現代小説編】20代女子が選んだおすすめ小説2017 - 夕空に背のび

 

 

ミステリー編

湊かなえ『リバース』 
リバース (講談社文庫)

リバース (講談社文庫)

 

 最後の一文を読んだ瞬間、さぁっと鳥肌が立ちました。これぞ湊かなえというようなイヤミス女王の実力がいかんなく発揮された作品です。ぜひ勢いに任せて一気読みしてほしい。

余談ですが藤原達也が主人公役でドラマ化されていたので、私の頭の中では終始彼が叫んでいました。でも主人公はごく普通の、どちらかといえばおとなしめの青年。脳内の藤原達也が叫びそうになるたび、違う、今回は違うよ…!と静かな攻防を勝手に繰り広げていました。

 

アガサ・クリスティーそして誰もいなくなった』 
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

クローズドサークルもののミステリー、最初の作品にして最高傑作。今まで読んできクローズドサークル小説を数段飛ばしで追い抜いて、私の1位になりました。携帯がない等、今と異なる条件下ではあるけれど、こんなに完成度の高いものが初っ端から書かれていた事実にただただ敬服です。一つ困ったことは登場人物の名前が覚えられないこと。

 

 SF編

伊藤計劃『ハーモニー』 
ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)

 

  SFほとんど読んだことがなかったのですが面白かったです。そう遠くない将来、医療が発達して病気では死なない世界が来るかもしれないと思うと、考えさせられました。