夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

読んだ本たち一言感想 2018年10月編

10月に読んだ本、全10作品の感想記事です。

内容の感想というよりは本の全体を包む空気の感想のようなものが多くなってしまいました。

 

f:id:yjam026:20181123194002j:image

 

放課後

放課後 (講談社文庫)

放課後 (講談社文庫)

 

古き良きシンプルなミステリー。結末にも納得。

のはずなんだけど、女子校✕男性教師のあれそれは男の夢なのか実態なのか…?とずっと気になってしまった。このゾワッと感も計算ずくで書かれたものなのかも。

 

アナン、

アナン、(上) (講談社文庫)

アナン、(上) (講談社文庫)

 

4分の3ぐらいまでは、少し不思議で悲しいけどいい話。人を虜にする芸術を作る人は、人の感情をいろんな方法で感じ取れるのかもしれない。最後はとてもスピリチュアルになってきて思考が追いつくのが大変だった。

 

嘘を愛する女

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

まず長澤まさみ高橋一生の表紙はずるい。

親しく付き合っていた人の社会的情報が全て嘘だと知っても、その人を信じていられるだろうかと自問自答した。性格なんかもどこまでが嘘でどこまでが本当なのかって、いろんなことを疑ってしまいそう。

情景がきれいだし、ストーリーもおさまりがいいし、映像化に向いてるんだなと思った。小説だけど脚本っぽい。

 

流れ星が消えないうちに

流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

流れ星が消えないうちに (新潮文庫)

 

再読。愛する人を亡くしても時間は流れていく。そのことはとても残酷だけど、だから人間は生きていけるのだなとも思った。

巧の、奈緒子とも加地くんとも丸ごと全部と手をつなぐという発想が好きだな。

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)

 

ハリーがしんどい。とにかくしんどい。ただやっぱり止められない面白さ。アンブリッジ先生にいらいらしすぎて、読んでいる間は周囲の人間関係、全然ましじゃんと思えた。

スリザリンの態度が彼らの正義で正解だとするなら、分かり合うとかって途方もない話だなと考えてしまった。正義の裏は別の正義。

ここからどんどん辛くなると聞いて、次作を読むエネルギーを貯めている。

 

お金2.0

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

これからの時代は個人の価値を高めることが重要、ということは社会人になったあたりから聞いていたけど、どういう流れがあってそうすることが必要なのかは知らなかった。

この本はお金の成立過程やその後の流れから、今時代はどう変わってきているかということまで順序だてて説明しているのでとてもわかりやすかった。

資本主義から価値主義というのは、ブログアカを眺めているとなんとなくわかる。人柄やスキルって大事だなと思うことがよくある。

この歳から自分の価値を高められるかというとかなりギリギリな気もするけれど、今年何回目かの喝を入れたいところ。

 

逆回りのお散歩

逆回りのお散歩 (集英社文庫)

逆回りのお散歩 (集英社文庫)

 

人がなにを考えているかなんて、表面上ではわからないもの。主義主張が違う人を糾弾するのではなく、そういう考え方もあるよね〜ぐらいにできたらもうちょっと息がしやすくなりそう。

 

星空の16進数

星空の16進数

星空の16進数

 

人とうまく関わることのできない女子と産休明けの探偵の話。

2人の視点で話が進んだり説明的な部分が多かったりであまり物語には入り込めなかった反面、カラー漫画にしたらとてもきれいな色使いのものになるだろうなと思った。

 

文庫解説ワンダーランド  

文庫解説ワンダーランド (岩波新書)
 

思えば文庫本の解説はほとんど読んだことがない。この新書を読んで、小説の世界に入ったままでいたいから解説は読まなかったんだなーと納得した。本編読破後、一度寝かせてから解説を読んでみるのはありかもしれない。

 

わたしの日曜日

わたしの日曜日

わたしの日曜日

 

イラストレーターによる日曜日の過ごし方の紹介。スクラップブックや旅のアルバム作りに特に惹かれた。アウトプットしたい気分なんだな。

後は公園ピクニックもしてみたい。ひそかな憧れ。

この本を読んでから次のお休みは何をしようかと考えるのが楽しい。1日にテーマがあるっていいな。