夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

【上五島旅行Vol.4】日島の海はひとりじめしたくなる、穏やかな絶景

レンガ造りの教会2軒を思う存分味わって、ほっと一息。

yjam026.hatenablog.com

 

 

次に目指すは、海がきれいと聞いていた日島です。

 

大曽教会から日島まで、カーナビによると1時間くらい。 久しぶりの運転だけど、がんばって行くかーと思ったのもつかの間、日島までの道はかなりくねくねの山の中の道というびっくりの事実。

幸いにも、ほとんど車が走っていなかったので、制限速度ぐらいのペースでどきどきしながら運転しました。

島って平坦なイメージがあるけど、けっこう山あり谷あり…。一年前に行った奄美大島もそうだったなーと思い出しながら、お気に入りの音楽に励まされ進みます。

 

橋を渡って若松島を越え、さらに運転すること20分ぐらい。日島の港に到着しました。

 

 

f:id:yjam026:20180628214538j:image

 

車を運転しているときは必死で、海を見る余裕はなかったのです。

ようやく目にした日島の海は、今日見てきたどんな海よりも色とりどりの青色でした。

 

f:id:yjam026:20180628214721j:image

海の向かい側には、石を積み上げた不思議な遺跡がありました。しかし、海にくぎ付けだったので写真はたった1枚…。

 

f:id:yjam026:20180628214830j:image

 

f:id:yjam026:20180628214845j:image

 

f:id:yjam026:20180628214908j:image

 

見る角度、撮る角度によって少しずつ色を変える海。透明度も抜群で、砂浜が透けて見えました。

ここの海は本当に穏やか。波打ち際で日焼けも気にせず、しばしぼーっと。

目を閉じて波音だけ聴くと、不思議なほどに落ち着きました。ゆったりした海の音、大好きだな。

 

f:id:yjam026:20180628215354j:image

 

日島はまったくと言っていいほど観光地化がされてないようで、私以外の人とは出会いませんでした。

土曜日だったからか、働いている人も見当たらず。

心ゆくまで絶景をひとり占めです。

 

 

f:id:yjam026:20180628215212j:image

砂浜に降りたら、思いのほか、足がめりこんで驚きました。どきどきしながら、足跡をざくざくつけてみたり。

 

海があって、海しかなくて。

本当は車を一人で運転するのが怖くて、ここには来れないかなと思っていました。でも、覚悟を決めて少しだけ車を走らせれば、見たことのないような美しい海に出会えました。

上五島旅行で、一番忘れられない大切な場所です。