夕空に背のび

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

ごりごりの文系が『人工知能の核心』を読んだ。

中高大のすべてを文系で過ごしてきました。数学は苦手すぎて、偏差値30を叩き出したこともあります。

そんな私が棋士羽生善治さんとNHKスペシャル取材班の共著『人工知能の核心』をのめり込むように読みました。人工知能の本を読むのは初めてでしたが、羽生さんの丁寧で意志を感じる語り口のおかげでとても読みやすかったです。

 

 

 

人工知能の核心 (NHK出版新書 511)

人工知能の核心 (NHK出版新書 511)

 

 

本を読む前に人工知能について感じていたこと

人工知能は怖いと思っていました。よく目にするのは人間の仕事を奪う、とかそんなことばかり。得体の知れない未来が、すぐそばに迫っているという恐怖です。

あとは囲碁や将棋で人間に勝った負けたというニュースも聞いていました。人工知能が人間と対等に勝負する世界がもうここまできてるんだなと思ったことを覚えています。

 

本を読んで心に残ったこと

人工知能=人間の脳 ではない

最初から何も分かってなかった人の感想ですみません。でもこの事実は私にとって衝撃でした。

人間は五感や過去の経験や知識に基づいて様々な判断をくだしています。しかし人工知能は、膨大なデータを学習し、そのデータに基づいて判断をします。

だから人工知能は複合的な処理が苦手だそうです。すべての行動や可能性を徹底的に検討してからじゃないと動けない。

そのかわり単一のこと、特に囲碁や将棋は得意です。膨大なデータを検討し、最適な一手を繰り出せるとか。

このことを知ってまず、人間の脳が当たり前にやっている一瞬の判断は、実は結構すごいことなんだなと思いました。同時に人工知能が何でもかんでもやるパーフェクトな存在になるのはまだ時間がかかりそうだと感じました。

 

人工知能は人間のサポート役

学習した大量のデータに基づき、最適な判断をくだすことが得意な人工知能。しかし、人工知能の結論がどうやって導きだされているかはわからないそうです。

本でも述べられていましたが、その思考回路はまさにブラックボックス。また人間の善悪や倫理なども学習しなければ理解できません。

人工知能が裁判などで判決をくだすようになったとしても、その答えが倫理的に良いのか悪いのかを人間が判断することが必要だと思います。

全てを人工知能に頼り切るのではなく、個々人の判断力や思考力を鍛える必要がありそうです。

 

人工知能にできないところで戦いたい

この本を読んで感じたことは、複合的なスキルを身につけて自分なりにアレンジして生きていく時代になっていること。もう一つは人工知能が苦手とする、感情に訴えかけるような様々な文化を大事にしたいということです。

人工知能は単一の専門知識を勉強したりそこから判断をくだしたりすることが得意です。その処理能力や学習能力は人間が及ぶものではありません。

だから自分が今持っている知識や武器と、新たに獲得したスキルを組み合わせて、人工知能の手が届かないような場所で生きる術を身につけたい。できたら、人工知能と共存しながら生きてみたい。

そして、文化。どれだけ人工知能が発達して小説が書けるようになったり写真やデザインをできるようになったりしたとしても、人が作り出して選びぬかれたものには、人の心をふるわせる力があると信じています。同時に自然もまた人工知能で作り出せないものの一つ。

この二つを感じる心を大切にしながら、これからの人生を生きていきたいと思いました。

 

 

奈良・郡山におでかけ。 本と金魚と果物と。

大学時代から気になる存在だったものの、近くて遠かった奈良。

思いついたが吉日ということで、唐突に出かけてきました。

 

 

とほん と 栞展

ツイッターのタイムラインで大和郡山の本屋さんで栞展が開催されているという情報を得ました。

栞ってなかなか売ってないし、本屋さんの雰囲気も良さそう…!ということで行ってきました。

www.to-hon.com

とほん@栞展開催中-3/4 (@tohontohon) on Twitter

 

近鉄郡山駅から徒歩10分かからないぐらい、表の立看板でここか!と気づきました。

入ってみると真ん中の机には栞展の出展作品が所狭しと並んでいました。

とほんさんのツイッターで一つ一つの栞も紹介されていたのですが、どれもこれも写真で見るより何倍もかわいい!

手にとって眺めては迷い、ずっとうろうろしてしまいました…。

迷いに迷って購入したのはこちらの2点!

 f:id:yjam026:20180212070626j:image

金魚が本の中で泳いでるように見える栞と、グラデーションがきれいな奈良の山と空の栞です。

もったいなさすぎて使えないのではというぐらいかわいい。

とほんさんに置かれている本も好みのものが多くて、短歌や詩のコーナーでもあれもいいなこれもいいなとまたもや迷い。迷いすぎて何も買えませんでした…。

奈良に来る度に再訪したいすてきな本屋さん。栞展は3月4日までです。

 

金魚の電話ボックス

電車を降りて初めて気づいたのですが、郡山は金魚の町。

マンホールも金魚、お店のディスプレイも金魚。

f:id:yjam026:20180212070647j:image

軒先にあった休憩所も金魚。見渡せば金魚がいっぱい。

そんな町に置かれているある現代アートを見てきました。

とほんさんから目と鼻の先のこちら。

f:id:yjam026:20180212065736j:image

金魚が泳ぐ電話ボックスです。

f:id:yjam026:20180212065820j:image

近寄ってみるとなんとも不思議な光景。受話器が浮いてぶくぶくしてるのがシュールで好き。

泳いでる金魚もまさか電話ボックスに入れられてるとは思わんやろなあと思いつつ眺めていました。

 

Ichibanya Frutis CAFE

駅からとほんさんに向かうぞ!とわくわくしながら歩き出したときに、目に止まったのがフルーツサンドのお店。

m.facebook.com

果物屋さんが運営しているそうです。

この日はたまたまサンドイッチにプラス330円でコーヒー/紅茶といちご大福がつくという太っ腹なサービスがありました。

店先でサンドイッチを選びふらふらと入店。

店内は明るいサーフアメリカンな感じでした。

f:id:yjam026:20180212071243j:image

注文したのは新商品のミルフィーユサンド。フィルム取ってからの方がきれいに撮れることに気づいたけど、これもかわいいからよし。

ミルフィーユサンドはサンドイッチが4層になっていて、みかんキウイいちごが挟まっていました。

ふわふわパンとクリームの中に、新鮮な果物!美味しくないわけがないです。

いちごの甘酸っぱさ、キウイの食感と酸っぱさ、みかんの甘さ…。果物たっぷりのショートケーキのようでも土台はパンだから、この分厚さでもおいしくいただけます。

いちご大福も白あんに大粒のいちごがごろっと入っていました。程よい甘さと酸味がおいしくてぺろっと平らげちゃいました。

 

穏やかな金魚の町、郡山

人はあったかいし町並みもちょっとレトロ感があって落ち着くし、ふらふらとお散歩するのにとてもいいところでした。

電話ボックスの先にあった銭湯もほっこりできそうで気になりました。

今回時間がなくて行けなかったのですが、元遊郭の町家が公開されているということで再訪の際は行きたいです。遊郭建築ってめずらしい気がする。

www.city.yamatokoriyama.nara.jp

 

2018年1月の振り返り

先週から仕事がばたばたしまして、年末年始10連休だったことが遠い過去のようです。

年始にきちんと振り返ろうと決めたので、遅いですが1月のゆるっと俯瞰記事を書きます。

 

 

 

1月の旅行

石垣島八重山諸島

曇り曇り雨!でもめちゃめちゃ楽しかった沖縄。

旅の相方との3ヶ月ぶりのふたり旅は、相変わらずのノープラン。竹富島に渡って自転車で走り回って、星の砂を拾ってみたり。

曇りでもこの透明度なんだから晴れた時は本当に絶景なんだろな。

 

雨だったから急きょ小浜島に行く予定だったのを西表島に変更して、ジャングルを歩いて滝を見に行ったり。

 

雨上がったから海みたいねーってビーチまでバスに乗って、だらーっと散歩して帰ってきたり。

とにかくどうにも自然体でゆるっとしてて楽しかったです。

このふたり旅のいい所は、お互いの食と観光と歩くことのペースが合うこと。

ここが合わないと旅の最終日どちらかの胃袋が死んでたりするので、そういう意味でも楽ちんな旅行でした。次は海外進出したいなー。

 

デジタル一眼デビュー

旅行に合わせて家電のレンタルサービスを利用し、デジタル一眼デビューも果たしました。

試し撮りで京都ブラブラに付き合ってくれた友達。私が玉ボケ撮りたい!って言ったら被写体になってくれました。

思うような写真は撮れなかったけれど、ファインダーを覗いてシャッターを押す感覚にやみつき!

近々本格的に手に入れようと目論んでいます。

 

会いたい人に会う1年のスタート

毎年恒例の新年会では卒業して10年たっても変わらずのうるさいテンション。みんなで集まるのは年一ぐらいだけどこの会は続けたいなーと

思いました。

ちゃっかり流行りのチーズタッカルビデビューも果たしました。

チャンスがあれば流行りに乗っかりたいです。

 

そしてもう一人、2年前の5月から会っていなかった人にも会ってきました。

誰に聞いても100%好かれるような快活な女の子。実際に喋った時間ってすごく短いのだけど大好きな子です。

いっぱい元気をもらえたし、私もこんなふうに会う人にプラスの何かをあげられるようになりたいなと思いました。

忘れられないフォンダンショコラの味…!

 

ジブリの展覧会に行った 

どうしても行きたくて無理やり時間を作りました。思えばジブリ作品ってじっくり見たことがあまりないのですが、背景に注目しながら大画面で見たくなりました。

人生で初めて図録も買いました。でも印刷で見るより生で見たほうが何倍もきれい!

それにしてもこういう凝った世界観のもの大好きです。ちょっと違うけどディズニーを散歩したくなりました。

yjam026.hatenablog.com

 

やりたいことリストの達成項目

4 親友とラストお泊り会をする

  なんもせずにだらーっと話して寝て起きて食べてDVDを見て…っていう至福の時間を過ごしました。

 手土産にしたアンリシャルパンティエの限定ミルフィーユがおいしかった。

 

12関ジャニ∞丸山さんの粕汁を作る

  冬を感じたくて作りました。油揚げのじゅわっと感がたまらなかったです。

yjam026.hatenablog.com

 

 14かわいい部屋着を買ってみる

  ジェラートピケのセールでもこもこショーパンを買いました。ユニクロスヌーピーのフリースと合わせたらもこもこでかわいくて満足です。

 

17投資を始めてみる

  Wealthnaviというロボアドバイザーの投資を始めてみました。最近米株が下がって影響を受けてますがじわじわ持ち直してくれるといいなー。

 

38整体に通う

  時間ができたので好奇心から予約をしたら「相当ひどいね!!通って!?」って言われたのでせっせと通っています。ちょろい人間なので整体の先生に「腹筋意識して座って」とか教えてもらうたびに地味に筋トレとかストレッチとかをするようになりました。

 

1月に読んだ本たち

全9冊。女性作家が多いです。

サラバ!』は勢いがよくて長いけどあっという間に読めました。不思議なエネルギーがもらえる本でした。

 『あのひとは蜘蛛を潰せない』もヒリヒリしてよかったです。

yjam026.hatenablog.com

 

 

1月は月初めに大好きな沖縄に行けて、会いたかった人たちにも会えて、幸せな月でした。反面勉強なんかにはそこまで時間が裂けなかったので2月以降気を入れなおして頑張りたいです。

 

休日30分料理で平日が救われる!お気に入りのボリューミー冷凍作り置き2選。

平日、家に帰る。疲れている。一からご飯作りなんてやってられない。そうだ作りおきしよう。流行ってるし。

と思い立ち、ここ半年ほど作りおきか鍋で生きてます。

今回は休日30分頑張ったら平日を楽に生きていける、冷凍できてかつボリューミーな主食と主菜を紹介します。

 

冷凍キーマカレー

【作り置き 冷凍】簡単☆キーマカレー by shokoyama 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが282万品

あ、カレー食べたいって日ありませんか。私はあります。 そんなときに冷凍庫にあると嬉しいのがこのカレー。

挽き肉とみじん切りにした野菜を炒めて、もったりとしたペースト状のカレーを作るだけ。

何入れてもカレーだからおいしいし、野菜とってる気持ちになれます。目玉焼きとかのせたら軽くごちそう。

これを作るとき人生で初めてのカレー作りだったのですが、うわ、私が作ってもちゃんとカレーの味する…!って謎の感想を抱くぐらい簡単です。ルーを開発した人すごい。天才。

 

鶏団子

鶏団子のレシピ/作り方:白ごはん.com 

白ごはん.comという何作ってもおいしい和食のレシピサイトがお気に入りで、こちらもそのサイトから。

材料切って混ぜて茹でるだけ。簡単。

茹で汁はスープや鍋の出汁にするとその日の晩御飯もできちゃって最高です。

平日は帰ってきたらお湯わかして冷凍した鶏団子と切った野菜をざっと茹でたら、あっという間に美味しい鍋の完成です。

ポン酢でも美味しいし、なんか鍋のもといれても間違いのない味になります。

この鍋も野菜とってる気持ちになれるし、ちょっと手のこんだ団子がはいってることで、いえーいいいもの食べてる!って気持ちになります。

もも肉売ってなかったときにむね肉で代用しましたがそれはそれでおいしかったです。

 

 

私がいかにふわっと適当においしく楽ちんをモットーに料理してるかばれる記事になりました。楽でおいしいが一番ですよね。

みなさんもお気に入りレシピありましたら教えてください。

 

 

 

あったかほっこり冬の味。関ジャニ∞丸山さんの粕汁を作った

ちらちらと小出しにはしていますが、関ジャニ∞が好きです。かっこいいおっちゃん達が全力でいろんなことをしているその姿が好きです。

基本箱推しですが一番好きなのは丸山さん!

というわけで、今年のやりたいことリストにも載っけていた丸山さんのお家レシピで粕汁を作ってみました。

 

 

 

f:id:yjam026:20180128190640p:image

 

丸山さんのお家レシピは、2017年11月11日の「人生ごちそうレストラン」というテレビで放映されたそうです。

私は見れなかったので、友だちからレシピを送ってもらいました。

詳しいレシピを載せていいかわからないので、気になった方は検索をお願いします…。

 

材料を調達してさっそく料理開始。

まず材料を切ります。

汁物に糸こんにゃくいれるの初めて!一応アク抜きしました。

 

f:id:yjam026:20180128191217j:image

 出汁が何かわからなかったので、 昆布でとりました。

切った材料を出汁汁にドーンと入れていきます。煮えにくそうなやつは最初に。

 

煮えてきたら出汁を使って酒粕を伸ばします。

f:id:yjam026:20180128191530j:image

今回はだいたい100gぐらい。

この伸ばす作業がなかなか時間かかりました。

 

f:id:yjam026:20180128191602j:image 

酒粕を戻してさらにことこと。

アルコールに弱いのでしっかり煮ました。

ここに味噌をとかして味を整えたら完成!

 

f:id:yjam026:20180128192744j:image

丸山さんの粕汁〜!できた〜!写真下手でごめんなさい!!

DVDの企画で食べた錦戸くんが「冬の味やなあぁ」って言ってましたがまさしくそのとおり!ほっこりした冬の味でした。

今回は豚肉でしたが、鮭とかで作ってもおいしそうです。

 

今までアイドルは好きでも、影響を受けたり何か追いかけたりってことはなかったんですが

関ジャニ∞と丸山さんを好きになって、初めてジャニーズコンサートに行ったり、初めて映画館で人が出てくる映画を見たり、こうして新しい料理を作ってみたり。

なんだか新しい世界が開けているな〜と感じます。

元々熱くのめり込む性格ではないので、これからも自分なりに応援していきたいです。 

関ジャニ∞の皆さんと丸山さんがこれからも元気で楽しく活動できますように!!

 

 

今週のお題「私のアイドル」

かわいい衣装にときめき!『AKB48衣装図鑑 放課後のクローゼット』を読んだ。

突然ですがかわいい女の子が好きです。かわいい女の子がかわいい服を着ているときゅんきゅんします。

最近は歌番組にもいろいろなかわいいアイドルたちが出演していて、そのたびにああかわいいなあと和んでいますが、やはり!一番かわいい衣装だなあと思うのはAKBグループのものです。

いかにも作りこまれた衣装、私服の延長じゃなくこれがアイドルのキラキラ!と全力で主張してくる衣装の数々。あこがれです

 

そんなAKBグループのデビューからシングル衣装、コンサート衣装、公演衣装、歌番組用など数多くの衣装がぎゅっとつめこまれた写真集が発売されています。

その名も『AKB48衣装図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~』 

AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~ (TJMOOK)

AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~ (TJMOOK)

 

 

衣装ファン待望の1冊です。

AKB48のデビューシングルから47枚目の「シュートサイン」の衣装、各公演やMV用の衣装までとにもかくにも全部盛り!

AKBといえば、な赤チェックの衣装も数多く掲載されそのバリエーションの豊富さにびっくりしました。

同じ曲の衣装でもメンバーによってかわいいイメージの子はスカート、身長が高くてボーイッシュな子はパンツなど個性が生かされているのがわかってますますときめき。その子を一番かわいく見せる工夫が随所に施されているの、すてきです。

プチプチや新聞紙で作られた衣装なんていうのもあります。クリエイティブな人たちって本当にすごい…!

 

一番のお気に入りは卒業ドレスの衣装のページ。

メンバーの晴れ舞台に一番似合うその子だけのものを着せてあげたい!という思いとメンバーのこだわりがつまっている世界に一着だけのドレスたちは、たった数回だけしか着られないのもったいないなって思うほどすてき。

アイドルって愛されることが仕事みたいなところがあるけれど、ファンだけじゃなくスタッフさんたちにも愛されていたから、こんなにもかわいくて繊細でその人たちらしい卒業ドレスができあがるんだなと思いました。

 

AKBの衣装の大半を手掛ける茅野しのぶさんのインタビューも掲載されていて、プロの仕事人の真摯さとプライドに背筋を伸ばしたくなる気持ちになりました。

いろいろなところからアイデアを膨らませるようアンテナと引き出しを常に意識すること、嘘をつかずにメンバーと向き合うこと。

真剣な仕事人の茅野さんをはじめとする衣装スタッフさんたちがいるから、AKBグループはより一層キラキラのアイドルとして輝けるんだなって。

 

アイドルを全力で魅力的な人にしてきた衣装たち。めくるだけで幸せな気持ちになれますのでかわいいもの、凝った世界がお好きな方にぜひお勧めの一冊です!

人の背中には梅干しがあるという話

どよどよした空の日が続くと気持ちまで落ち込みがちになりまして。いらん事考えてついつい布団でうわーって叫びたくなる夜に思い出した言葉があったので紹介します。

 

ある漫画からの引用なんですが、そのセリフがこちら。

 

例えば人の素敵というものがオニギリの梅ぼしのようなものだとしたら、その梅ぼしは背中についているかもしれません…

世界中の誰の背中にも 色々な形 色々な色や味の梅ぼしがついていて でも背中についているせいでせっかくの梅干しが見えないだけかもしれません。

『自分には何もない。真っ白なお米だけ』

そんなことないのに 背中には ちゃんと梅干しがついているのに…

誰かを羨ましいと思うのは 他人の梅干しなら よく見えるからかもしれませんね。

 

フルーツバスケット』2巻より、主人公本田透の言葉でした。

 

 

おそらく私より一回り上の年齢層でブームになった漫画です。私は小学校のときに出会って、完結まで追い続けました。

 

 

人に好かれるためには自分に自信を持ちなさい、とかよく書かれていて、そのたびに自分好きなれたらそこまで悩まんわー!一番難しいわー!と暴れています。

自己肯定力が低い自分には何よりの難題です。

 

まあでも、自分の良いところが背中の梅干しやとして、しかも海苔なんかで巻かれていたりしたら、自分にはわかんないなと。

周りの人が見つけてくれた私の梅干しを、どんな味か教えてもらって意識して大きくしたいなと思ったりしました。

 

それから、梅干し見えないよーって泣いている誰かがいたら、私に見えてるその様子を伝えていきたい。

あなたに見えていない梅干しは、私にとっては羨ましくなるほどおいしそうなものに見えてるんだよって。

 

 

12歳前後で読んだ漫画に、今なお救われる一瞬がある数奇な話でした。