夕空に背のび

夕空に背伸び

特技はフットワークの軽さの(24)。読書と旅行と音楽と写真が好きです。主に東海・近畿をうろちょろしています。

ホンノイッシュン あさのあつこ「ガールズ・ブルーⅡ」

ほんの一瞬、本の一瞬。

小説の中で好きだなと思った所から、本の紹介をしてみようという思い付き企画です。

第一弾はあさのあつこの「ガールズ・ブルーⅡ」です。

 

あらすじ

地方の落ちこぼれ高校に通う理穂も、3年生になった。まわりは着々と進路を決めていくのに、自分の未来はまだ見えてこない。成績のいいスウちゃんは家の事情で進学を断念したし、クール・ビューティーな美咲は病弱で、また入院。隣りに住む如月ときたら、今日も理穂の一家団欒に「うーっす」と現れチキンカツを頬張っている。ずっと一緒に育ってきた仲間たち。でも、覚悟して別々に動き出すべき時が迫っている…。前向きに、力強く一歩踏み出す彼らの夏。シリーズ第2弾!

Amazon 商品紹介より)

 

ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)

ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)

 

 

ガールズ・ブルー (文春文庫)

ガールズ・ブルー (文春文庫)

 

今回紹介するのはⅡなんですが、Ⅰもとてもよくて、青春の軽さと重さがすがすがしい作品なのでぜひ。あと表紙がめっちゃ好みです。この絶妙なさわやかさが好き。

 

本の一瞬

「聞いてて気持ちがいいやつ?」

「うん。気持がいいやつ。ふわっとしていて、さらりとしていて、べとつかないの」

ふわっとしていて、さらっとしていて、ふわっ、さらっ、ふわっ、さらっ……。

「羽毛みたいなの?」

あたりは幻の羽毛を受け止めるように、手のひらをひろげてみた。

「ビミョーに違うかも。羽毛って、鼻の孔に入ったりするとクシャミが出るじゃん。そんなんじゃなくて……」

美咲も手のひらを上に向ける。

ぼたん雪かな。ふわっとして、さらっとして、気持ちよく冷たいんだ」

「だって、雪なら融けちゃうよ」

 「融けて沁み込むんだよ」

(P159-160 ポプラ文庫版)

 

初めて読んだ時よりも大人になって読み返したときのほうが、ぐってきたこの場面。

「ただの普通の高校生」が言葉に対して鋭い感覚をもっているっていうのがとても好きで、しかもこの場面はただの日常的な会話の延長で、さらっとこういう会話ができる関係にもとても憧れました。

写真にとってそっと保存していたい場面です。

「気持ちいい言葉はぼたん雪」みたいって素敵な表現。

誰かにとって胸に響く言葉は沁み込んで、その人の心の大事な部分をつくっていくんでしょう。

そんな言葉を誰かにあげられるような人になりたいです。

 

写真に残したい小さなきらきらにあふれた小説

先ほども書きましたが、この小説はどの場面もそっと写真に切り取って残しておきたくなります。

一瞬ですぎる季節の切なさとか、高校生の時にしか出せないきらきらとか、そんな限りある時がみずみずしく切り取られた小説です。

そしてその中にはっとする場所がひそかに隠れているような小説でもあります。

ちょっと青春に帰りたくなった人に送りたい1冊です。

 

 

 

 

ほぼ日手帳と仲良くなりたい

f:id:yjam026:20180413214854p:image

 

年始からバレットジャーナルやってみてたんですが、ノートが一冊終わってしまった時点で途切れさせてしまいました。

そこで心機一転、4月からはほぼ日手帳を使ってみています。

 

まずバレットジャーナルが挫折したわけを考えてみると

  • 自分でセッティングする時間が惜しい
  • 一年間でノートが何冊もできる

という2点が大きな理由でした。

 

そこで1日1ページ、すでに日付のセッティングができているほぼ日のカズンを4月から使ってみることに。

敷居が高くて手帳好きの憧れの1つという認識だったほぼ日。一年間使いこなせるでしょうか。

 

とりあえず2週間使ってみた感じを書いていきます。

 

各ページの使い方

ほぼ日カズンの主なページはマンスリー、ウィークリー&バーチカル、デイリーです。

 

マンスリーはその日に使った金額を書いて家計簿代わりにしています。一週間に一回、まとめ書き派です。

f:id:yjam026:20180413215435j:image

 

バーチカルは起きた時間や寝る時間を記入。仕事で書くことがない昼間にはto doを書いてみています。

f:id:yjam026:20180413215529j:image

 

デイリーページは日記を書いたり、お出かけしたとこのチケットを貼ったり。作った料理もメモ程度に記入しています。

ページの下部に今日の一言が書いてあるのでそれに対する思いや返事を書いてみています。思考力の瞬発力を鍛えたい。

f:id:yjam026:20180413220115j:image 

 

ほぼ日のおとも

使っているペンは今のところ

  • 無印の万年筆
  • MILDLINER

の2種類です。

無印の万年筆はそのうちインクを変えてみたいです。

f:id:yjam026:20180413220304j:image

 

あとはバレットジャーナル時代にやっていたハビットトラッカーを続けたくて、ツイッターで発見したしおり型のハビットトラッカーをダウンロードして使っています。

 

ほぼ日の良いところと気になるところ

2週間ほど使い続けて良いなと思ったところは

  • 1日1ページなので書くぞという気持ちになる
  • 字を小さくしたらかなりの分量が書ける
  • デイリーページの一言がおもしろい
  • ほぼ180度に開くので書きやすい

です。続けるにはストレスを少なくすることが大事だと思うので、予め書く場所が決まっていることでレイアウトを考えることから脱出できました。

分量も書けるし一言がおもしろいので続けられそうです。

 

 

気になるところは

  • 紙が薄くて書くとデコボコしてしまう
  • 書けない日やボリュームがない日があるとそわそわする

ぐらいです。

紙のデコボコに関しては下敷きを買おうと思っています。

書けなくて空白のページができてしまったら切り抜きを貼ったり、いろんなリストを作っていけたらいいなと思っています。

 

 

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社+α文庫)

ゆたかな人生が始まる シンプルリスト (講談社+α文庫)

 

 

 この本が気になっています。

 

 

ほぼ日は開くと楽しい、書いても楽しい、無理せず続けられそうな手帳かなと思っています。

正直、背伸びして買ったほぼ日手帳。一年をかけて仲良くなっていきたいです。

万博記念公園におでかけ。お散歩日和に春を満喫。

f:id:yjam026:20180408104616p:image

 

春はぽかぽかであったかくて、お散歩に行きたくなりませんか?

そんなお散歩日和には万博記念公園でのお花見がおすすめです!

 

お馴染みの太陽の塔も青空に映えます。

予約制で内部に入れるようになったので、そのうち行きたいです。今は予約券瞬殺なので…。

f:id:yjam026:20180408110217j:image

 

満開の桜

f:id:yjam026:20180408110939j:image

f:id:yjam026:20180408110949j:image

f:id:yjam026:20180408111003j:image

桜はまさに満開!青空に映える桜は本当にきれいです。

風が吹くとさーっと花びらが散って、桜に包まれた気分に。

花びらを掴めると願いがかなうって昔やりませんでした?あまりにもたくさん散るので、晴れ女になりたい!と大人気なくチャレンジしてしまいました。

 

混雑具合

お花見日和で桜も満開。公園は結構混んでいました。

ただ公園は結構広いので、そこまで人が多すぎて動けない!息苦しい!みたいな感覚はなかったです。

思い思いの場所にビニールシートを敷いてお花見している人がたくさん。いい場所をとろうと思ったら早起きは必須だと思います。

 

公園内をお散歩

まったりするのもいいけど、こんな青空の日はお散歩したい!ということで公園内をてくてく。

 

民博から西に行ったあたりは桜も咲いているし人も少なめだったので、ゆったりとお花見したい方にはおすすめです。

 

f:id:yjam026:20180408112940j:image

椿は冬の花だと思っていたけれど3月末でもまだ咲いていました。

いろんな名前の椿があって、どうしてこんな名前なんだろうと想像しながら見ていくのは楽しかったです。

 

f:id:yjam026:20180408113342j:image

チューリップの見頃はもう少し後かな。

早咲きの品種は咲きほこっていました。

 

全国の美味しいもの大集合

お花見の季節にあわせてかな?園内に屋台がたくさん出ていました。

広場には全国の名物も大集合。焼小籠包やフォトジェニックな綿菓子もありました。

 f:id:yjam026:20180408220905j:image

 31のワゴン車初めて見ました!かわいい!

 

 

万博記念公園は広々としてのんびりとしていて、ゆったりお花見したい人にはおすすめのスポットです!

桜が咲いている期間はライトアップもしていますので、そちらもぜひ!

 

 

2018年3月の振り返り

ぽかぽか陽気に誘われた半面、日常の繰り返しに追われてずーんってなった3月。

平日の充実度をあげたいこの頃です。

 

f:id:yjam026:20180406123202p:image

 

今月の旅行

三重の伊勢へ行ってきました!

f:id:yjam026:20180406123321j:image

おかげ横丁のわんこおみくじ。可愛い見た目のわりに厳しめなことが書いてました。

 

f:id:yjam026:20180406123437j:image

二見シーパラダイスへ。カワウソと握手できたりセイウチショーが見れたり、ゆる楽しい水族館でした。そのうち記事にします。

 

高槻のROCCA&FRIENDSへ

f:id:yjam026:20180406123607j:image

この大粒のあまおうのフルーツサンドが食べたくて高槻までおでかけしました。

見た目もかわいいし美味しいし最高。

季節ごとに果物が変わるらしいので、ぶどうとかでたらまた行きたいです。

関ジャニファンなので、高槻のタワレコにも寄りました。村上くん愛がすごかった…!

 

万博記念公園でお花見

今年は桜が早かったですね。

f:id:yjam026:20180406123936j:image

f:id:yjam026:20180406123955j:image

そんなに焦って咲かなくてもと思いつつ、ちゃっかりお花見を楽しんできました。

久々に行った万博は広くて、人が多いけどそこまで混雑している印象はなくて、どこまでもお散歩できてとても良かったです。

久しぶりに民博にも行きたくなりました。入ったら3時間は出てこれないけど、あの雰囲気が好きです。

 

BTPに加入

こんな呟きをしたらいろんな方に声をかけていただき加入しました。

まだちょっとどきどきしていますが、いっぱい参加していきたいです。

 

英語を聞いてみる

通勤時間中に単語帳のCDを聞いています。段々耳に残る言葉が多くなってきて、細やかな成長を感じてます。本当に細やかだけど。

 

やりたいことリストの達成項目・途中経過

24 Kindleを買う

 →電子書籍読書用にFire HD8を購入しました。すぷやんさんの記事を見たタイミングがちょうどAmazonのセールで衝動買い。ブログ書くのにも使っています。

www.life-buffet.com

 

28 2017年の旅行記事書く

 →直島の記事だけは書けました。電動自転車で島を走るの楽しいです!おすすめ!

yjam026.hatenablog.com

 

32 Amazonプライムを使いたおす

 →タブレットAmazon musicをよく聞くようになりました。そろそろ映画にも手を出したい。

 

46 お気に入りの飲み物を見つける

 →友人がくれたピーチアールグレイティーがおいしかったです。自分じゃ買わなかっただろうから嬉しい出会いでした。

 

97 自分のことを発信する 

 →サブブログを始めました。つらつらとした内面のアウトプットを書いています。

 

3月に読んだ本たち

f:id:yjam026:20180406125241j:image

何があったのか14冊。

腐女子のつづ井さん、めっちゃ好きなんです。人生を楽しんで好きなものに全力な人が好きだなあと思います。

友人やHaruさんからおすすめしていただいた本(『世界から猫が消えたなら』『身の上話』)も読みました。 どちらも面白くて、本を選ぶ視点が広まりました。自分じゃ見つけられない本との出会いはわくわくで楽しいです。

『ゼロ秒思考』を一日少しでも実践していきたいです。知識のインプットとアウトプットをもっとしていかないとなと思わされました。

 

 

 

広告を非表示にする

直島におでかけ。電動自転車でアートを堪能!

f:id:yjam026:20180328213948p:image

 

去年の春の話ですが、直島に行ってきました!

晴れていて海があって、そこここにアート作品が散らばっていて、のびのびとした素敵な島だったので紹介します。

 

高松からフェリーで直島へ

高松港からフェリーで直島へ向かいました。フェリーなら50分程度、高速旅客船なら25分ほどで直島に到着です。

www.shikokukisen.com

 こちらへのページからダイヤなど確認できます。基本的に朝便が多いみたいです!

 

電動自転車でまわるのがおすすめ

着いたのは直島に二つある港のうちの一つ、宮浦港

 おなじみ、草間彌生の赤かぼちゃが出迎えてくれます。

早速近くのレンタル自転車屋さんで電動自転車をレンタル。予約もできるので、気候のいい時期は予約していった方が無難だと思います。私は当日にレンタルしました。

予約する際は2つある港のうち、どちらに着く予定なのか確認必須です。

直島は意外と坂が多く、しかもかなり広いので自転車でまわろうと思ったら電動自転車がおすすめです。

自転車で海沿いを走ったときの爽快感は格別です!

www.naoshima.net

レンタサイクル屋さんの情報はこちらからどうぞ!

 

オムライスがおいしいカフェサロン中奥

自転車でびゅーんと反対側の港と家プロジェクトが集まる町まで行ったらお昼ご飯。

オムライスがおいしいとのことで気になっていたカフェサロン中奥に行ってきました!

カレーオムライス。卵はとろとろ、ルーも絶妙でしつこくもならずとてもおいしかったです!

 

www.naoshima.net 

 

気ままに島巡り

お腹が満たされた後はぶらぶらと島巡り。

 

潮風を感じながら、自転車を運転するのはそれだけでも楽しい!

あちらこちらにあるアート作品を見つつ、どういう目的?何を表現しているの?いやわからんやろこれは!みたいな会話をしながらふらりふらりとこぎ続けます。

 

謎の物体からあふれるエネルギー。宿泊施設ベネッセハウスの近くにはアート作品が点在しています。

自然のなかにぽーんと置かれたアートたちはなんだかのびのびしていて、気持ちいい眺めでした。

 

地中美術館

直島で絶対行きたかったのが地中美術館

安藤忠雄が建築した地中に埋まった美術館。

予備知識なしで行ったのですが、モネの展示室に入った瞬間言葉を失いました。

圧倒的な作品の力。目の前にはかの有名な睡蓮がどーんと飾られていて、ただただ純粋にきれいだなと思いました。吸い込まれるというか引き寄せられるというか。

自然光で見る睡蓮は、ほのかに明るくて。この睡蓮を一目見たときの感動を味わうだけでも来た価値がありました。

 

金沢の21世紀美術館でも好きだなと思ったジェームズ·タレルの作品がここにも。

自然豊かな直島にはぴったりの作品でした。青色の空間に飲み込まれる体験ができます。

 

パラダイス!?なI♥湯

最後は高松に戻るフェリーが出港する宮浦港へ。この辺りにも少数ですが、アート作品があります。

その中の一つで特に好きだったのがI♥湯。

このカオスな見た目。実際に銭湯としても営業されています。

母が直島に行った際「探偵ナイトスクープに出てくるパラダイスみたいな建物やった」って言っていたのでどんなものか気になっていたのですが、確かにファンキー。ここにも謎のエネルギーを感じます。

 

でもモザイクタイル好きとしてはこういうところにきゅんとせざるをえない。絶妙な組み合わせがたまらないです。

 

直島はのびのびとしたアートの島

海もきれいでそこかしこに大きなアート作品がたくさんあって。

直島は思わず深呼吸したくなるような心地よい島でした。

地中海美術館も自転車散歩も何度でも味わいたくなる魅力にあふれています。

真夏の暑いときもいいですが、うららかな春のお出掛けにはぴったりの場所なので、この時期のお出掛け候補にぜひいれてほしいです。

 

ゆるやかに背筋が伸びる生き方を知る。森下典子『日日是好日』を読んだ。

エッセイストの森下典子さんの『日日是好日』を読みました。著者が20歳のときに始めたお茶の道から学んだことが書かれている本です。

著者の体験があくまでも自分事として書かれているのに、読了後は背筋をすっと伸ばしたくなる一冊でした。

 

人生の挫折のなかで発見した、五感で季節を味わう歓び……。生きる勇気が湧いてくる感動の一冊。

お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる……季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。

森下典子 『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―』 | 新潮社

 

 

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)

 

 

本から学んだ4つの生き方

 

謙虚に学び続ける生き方

 ものを習うということは、相手の前に、何も知らない「ゼロ」の自分を開くことなのだ。それなのに、私はなんて邪魔なものを持ってここにいるのだろう。心のどこかで、「そんなこと簡単よ」「私はデキルわ」と斜に構えていた。私はなんて慢心していたんだろう。
 つまらないプライドなど、邪魔なお荷物でしかないのだ。荷物を捨て、からっぽになることだ。からっぽにならなければ、何も入ってこない。
 (気持を入れかえて出直さなくてはいけない)
 心から思った。
 「私は、何も知らないのだ…。」
(P43)

 

私も小さなプライドを持ってがちがちに生きています。どこかで「弱くみられたくない」という思いが働いて、ついつい素直になれず教えを乞うことにもおびえがち。

「知らなくて当たり前」という姿勢は何か違うと思いますが、素直な「教えてください!」はもっともっと出していきたいです。

大人になって思うのは、誰かに何かを教えてもらえる機会は貴重なんだなということ。つまらない小さなプライドはどこかにやって、いろんなことを吸収したいです。

 

 この世には、学校で習ったのとはまったく別の「勉強」がある。あれから二十年が過ぎ、今は思う。それは、教えられた答えを出すことでも、優劣を競争することでもなく、自分で一つ一つ気づきながら、答えをつかみとることだ。自分の方法で、あるがままの自分の成長の道を作ることだ。
 気づくこと。一生涯、自分の成長に気づき続けること。
 「学び」とは、そうやって、自分を育てることなのだ。
(P226)

 

自分を受け入れる生き方 

お茶の世界は気配りや融通が求められるもの。気を利かせるのが苦手な著者は壁にぶつかってもうお茶をやめようと決意されますが、あるお稽古をしたことによって、自分のままでお茶をすればいいんだという風な気づきを得られます。
 
「やめる」「やめない」なんて、どうでもいいのだ。それは、「イエス」か「ノー」か、とちがう。ただ、「やめるまで、やめないでいる」それでいいのだ。 (そうだ、気がきかなくてもいい。頼りにならない先輩でいい。自分を人と比べない。私は、私のお茶をすればいいのだ) 背負っていた重い荷物を、私は放り出した。ふっと、肩の力が抜けて身軽になった。私は、体一つで、そこにいた。 (なぁんだ!これでいいのか)(P82)

 他人と比べて自己肯定感が低くて落ち込みがちな私が目指したい境地です。自分の何か。自分なりの何か、があることに気づいて認められたらこんな、すこんとした気持ちになれるんでしょうか。

 

大切なことを大切にする生き方

 人生に起こるできごとは、いつでも「突然」だった。昔も今も…。
 もしも。前もってわかっていたとしても、人は、本当にそうなるまで、何も心の準備なんかできないのだ。結局は、初めての感情に触れてうろたえ、悲しむことしかできない。そして、そうなって初めて、自分が失ったものはなんだったかに気づくのだ。
 でも、いったい、他のどんな生き方ができるだろう?いつだって、本当にそうなるまで、心の準備なんかできず、そして、あとは時間をかけて少しずつ、その悲しみに慣れていくしかない人間に…。
 だからこそ、私は強く強く思う。
 会いたいと思ったら、会わなければならない。好きな人がいたら、好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。うれしかったら、分かち合おう。
 幸せな時は、その幸せを抱きしめて、百パーセントかみしめる。それがたぶん、人間にできるあらんかぎりのことなのだ。
 だから、だいじな人に会えたら、共に食べ、共に生き、だんらんをかみしめる。
 一期一会とは、そういうことなんだ…。
(P191-192)

 

これは私が気にして生きていること。昔から別れに対して人一倍怖がりだったように思います。

だから家族に会いたければ帰るし、友人に会いたければ突然だろうが連絡する。「会いたい」を伝えた後は、向こうがどうするかに任せちゃいますけどまずは言わないと始まらないから。

どんなに会ってももしものときはきっと後悔が残る。大切な人たちに会うのに、会いすぎなんてないのだろうと思います。

 

今、日々を慈しむ生き方 

「雨の日は、雨を聴きなさい。心も体も、ここにいなさい。あなたの五感を使って、今を一心に味わいなさい。そうすればわかるはずだ。自由になる道は、いつでも今ここにある」

 私たちはいつでも、過去を悔やんだり、まだ来てもいない未来を思い悩んでいる。どんなに悩んだところで、所詮、過ぎ去ってしまった日々へ駆け戻ることも、未来に先回りして準備することも決してできないのに。

 過去や未来を思う限り、安心して生きることはできない。道は一つしかない。今を味わうことだ。過去も未来もなく、ただこの一瞬に没頭できた時、人間は自分がさえぎるもののない自由の中で生きていることに気づくのだ…。

 

 雨は、降りしきっていた。私は息づまるような感動の中に座っていた。

 雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。夏には、暑さを、冬には、身の切れるような寒さを味わう。……どんな日も、その日を思う存分味わう。

(P213)

 
 
未来も不安だし、過去は戻らないのにいつまでも気になる。そんなもやもやした気持ちで、いつのまにか今を見失ってしまいそうになる。
ただ今に集中すること、集中し続けるということ。
そうすることで毎日は同じ日じゃなくなって、しっかりと充実感をもって一日を終えれるんじゃないかなと思います。
これはなかなか難しくて気を抜くとすぐに未来への不安に胸がぎゅっとなったりしますが、まず雨の匂いとか春の空気の暖かさとかそんなことに目を向けられる余裕を持ちたいです。
 
 
この本を読んでありのまま、小さな私のまま、今を生きてみたいなと思いました。
そしてもう一つ、今この時に集中できる何かを探そうとも。それは読書でも、文章を書くことでも、全然別のことでも。自分の生き方のささやかな屋台骨となる何かを探してみたいです。

雪降る白川郷におでかけ

やりたいことリスト34「雪の白川郷に行く」を叶えてきました!

あたり一面真っ白で幻想的な空間でした。

 f:id:yjam026:20180406233412p:image

 

 

人生初めてのバスツアー

 

今回は高山発着のバスツアーを利用しました。

www.nouhibus.co.jp

普段は自由に探検したい派ですが、今回は時間もちょうどよく2か所も合掌集落を回れるということで決めました。

バスガイドさんが案内してくれるタイプのバスツアーは生まれて初めて。

どんな感じなんだろうとどきどきしていましたが、ぐいぐいお話しされることもなくあくまで自然体に伝統の民謡や楽器、おすすめのお土産を紹介してくださって好き…ってなりました。

散策時間も割としっかり取られていたので、自由に動き回りたい欲も叶えられました。

 

まずは五箇山相倉合掌集落へ

初めにバスが向かったのは五箇山相倉合掌集落。

メインの通りも1本しかないようなこじんまりとした集落です。

あたり一面の雪景色はもはや別世界。

 

 

念願の合掌造りにご対面。この雪に耐えるなんてすごいなと思いました。

ここで今でも生活をし続けているということがなんだか尊い。伝統を守ってこうやって来る観光客も相手して、本当に大変だろうなと思います。

 

相倉には民俗館と伝統産業館があったので入りました。中に囲炉裏があってほっこり。

受付のおばあちゃんがとってもいい人でかわいらしさにあふれていました。時間があればもっとゆっくりしたかった。

 

続いて白川郷

相倉集落出発して白川郷へ。白川郷が見渡せる展望台近くのレストランで食事をしました。

f:id:yjam026:20180316123710j:image

 展望台からの景色。雨女の名にふさわしい吹雪でした。

夜間ライトアップがある時期はめちゃくちゃ並ぶそうで。ここからやわらかい光に照らされた雪の白川郷は絶対きれいですよね。それは並ぶ並ぶ。

 

f:id:yjam026:20180316123940j:image

展望台を降りて散策開始。何回見てもここに普通に住んでいる方がいらっしゃると思うと不思議な気持ちになります。

世界遺産に住むってどんな気持ちなんだろう。

 

大通り沿いにはお土産屋さんや食べ歩き用の牛串や牛まんを売っているお店がたくさんあって賑やかでした。

さすがは観光地って感じです。

 

f:id:yjam026:20180316124127j:image

有料で内部を公開しているお家も何軒かあります。

その中の一つ、長瀬家に行ってきました。五階建ての建物で圧巻の大きさ。内部には昔の生活用具が展示されていました。

 

f:id:yjam026:20180316124347j:image

可愛さにきゅんとなったディスプレイ。

時間があればよりたかったカフェです。

 

iPhoneのカメラでいろいろ撮ってたら手が凍りそうになるほど寒かったですが、

白川郷は昔の空気と今を生きる人の活気が混ざりあった興味深い場所でした。

相倉のおばあちゃんに秋もきれいだよって言われたので、今度は紅葉を見に行きたいです。